So-net無料ブログ作成
検索選択

民主党の高嶋、平田両氏がマスコミに八つ当たり(産経新聞)

 民主党の平田健二参院国対委員長と高嶋良充筆頭副幹事長は18日午前、産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の世論調査で小沢一郎幹事長の辞任を求める声が7割を超え、内閣支持率が急落したことについて、小沢氏をめぐる報道が原因だとマスコミ批判を行った。

 平田氏は「報道によって国民世論は大きく動く。国民はマスコミやテレビの報道を正しいと思っているから、(小沢氏をめぐる疑惑が)事実かどうかわからない状態で報道することでそうなるだけだ」とマスコミを非難した。

 そのうえで「菅谷(利和)さんの事件だって冤罪(えんざい)だったじゃないか。あの時のマスコミの報道の仕方はどうだったんだと、もっと反省しなきゃいかんではないか!」とまくし立てた。

 「そういう報道に基づいた世論調査だから、そうなる(=幹事長辞任論7割超)のは当たり前の話でね。別の報道していたらそうはならない! 小沢幹事長がああいうふうに(潔白だと)話しているのは事実だと思いますよ」とも語った。

 高嶋氏も「検察がマスコミに情報をタレ流している。情報が検察から出ない限り、皆さん方書けるのか? 基本的には世論操作になっている」とマスコミ批判を展開。「小沢さんが無実だと言っているのに罪人扱いしてマスコミが報道してきたから、国民の皆さんがそう思っているだけの話だ」と述べ、世論はマスコミに誘導されているとの認識を示した。

【関連記事】
「お門違い」民主・平田氏が川田氏に不快感
首相「試練だ」 国会開会で危機感
小沢幹事長、民主党代議士会と一回目の衆院本会議に欠席
「もともと日本人じゃない」 平沼氏が蓮舫氏を批判
「民主議員は不当逮捕にもっと怒りを」達増・岩手知事が検察批判

ハイチ大地震 医療援助で160人に派遣命令 北沢防衛相(毎日新聞)
振り込め詐欺 09年の被害、過去最少 それでも月8億円(毎日新聞)
特養待機者の都道府県別人数を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
通常国会召集 冒頭から大荒れの様相 審議日程決まらず(産経新聞)
署の朝礼で告発され、セクハラ警官停職処分(読売新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。