So-net無料ブログ作成
検索選択

徳之島町長が再会談前向き 普天間問題、2町長は否定(産経新聞)

 鹿児島県徳之島町の高岡秀規町長は10日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野(ぎの)湾(わん)市)の移設問題で、政府が徳之島への訓練移転などをめぐり再会談を求めてきた場合について「話し合いに応じないでやみくもに反対と言うのではなく、移設案の中身をちゃんと聞いて議論するのが首長の務めだ」と前向きに検討する姿勢を示した。町役場で取材に答えた。

 高岡町長は「民意が反対であることは承知だ」としながらも「問題解決に向けて協力しないといけない。議会に相談し、最終的に私が判断する」と述べた。

 一方、島内3町のうち伊仙町の大久保明町長は10日、町議会全員協議会で「これ以上、政府と交渉する意味や必要、余地はない」と発言。天城町の大久幸助町長も「われわれは振興策が欲しいわけではなく(移設案の)細部を知る必要はない」と述べた。

【関連記事】
自公、予算委集中審議の開催を要求へ
県内移設は「狂気の沙汰」 与党・社民議員、官邸前で前代未聞の演説
普天間問題 橋下府知事「都道府県、全国知事会が方向性出すべき」
「5月末決着」に先送り論、平野更迭論…参院選に向けた思惑も 首相自ら退路絶つ
鳩山由紀夫首相の軽さこそわが国の「最大の脅威」ではないか

B型肝炎訴訟で首相ら、和解協議入り確認(読売新聞)
小児の「食物アレルギー」10年で2倍 花粉症の増加と関係アリ?(J-CASTニュース)
北辰一刀流と水戸学を脈々と継承 水戸東武館第7代館長・小澤智さん(産経新聞)
<B型肝炎訴訟>和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」(毎日新聞)
普天間 徳之島移設断念へ ヘリ部隊分散、困難と判断(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。