So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

後藤真希さんの母転落死=自宅3階から−東京(時事通信)

 23日午後11時ごろ、東京都江戸川区東瑞江の住宅から、女性が血を流して倒れていると119番があった。女性はこの住宅に住むアイドルグループ「モーニング娘。」元メンバーで歌手後藤真希さんの母時子さん(55)で、病院に運ばれたが、頭などを強く打っており、死亡が確認された。
 警視庁小松川署は、時子さんが自宅3階から誤って転落したか飛び降りたとみて、調べている。
 同署によると、時子さんは自宅脇の道路上に倒れていた。自宅は3階建てで3階の窓が開いていた。室内に争った様子はなく、遺書などは見つかっていない。 

【関連ニュース】
9階から高1男子転落死=那覇
JICAボランティアが転落死=カンボジア
2人はタクシー運転手=がけ転落死

阪神大震災機に「直下型」研究 仕組み解明や都市計画活用は途上(産経新聞)
雑記帳 「名水対決」名古屋市長、富山に1票(毎日新聞)
一時金“持ち逃げ”全員特定 派遣村入所を厳格化 都が国に緊急要望へ(産経新聞)
新型ワクチン在庫、37都道府県で654万回分(読売新聞)
<雑記帳>「横手やきそば」を正しい形で守る“道場” 秋田(毎日新聞)

鳩山首相 売却株一覧「あなただけに見せてもいい」(毎日新聞)

 26日の参院予算委員会で、鳩山由紀夫首相が自民党の森雅子氏に対し、自ら売却した株式の一覧表を「あなただけに見せてもいい」と答弁し、委員会終了直後にカバンから取り出して同氏に示そうとして平野博文官房長官らに制止される一幕があった。

 梁瀬進委員長(民主)も「(是非を)理事会で協議する」と押しとどめた。首相は森氏に「ごめんよ」と謝罪した。自民党は首相の答弁に反する平野氏らの行動を問題視し、抗議する構えをみせている。【田所柳子】

【関連ニュース】
原口総務相:小沢氏の参考人招致「必要だ」
参院予算委:鳩山首相「戦って発言、撤回せぬ」
鳩山首相:施政方針演説の概要判明 「命を守る」がテーマ
小沢幹事長:「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す
共産党:市田書記局長 民主・小沢幹事長を説明責任で批判

東京電力元社員ら逮捕=オリックスから融資金詐取容疑−2億4千万円被害・警視庁(時事通信)
<偽証罪>元歯科医が起訴内容を否認 羽賀研二被告の事件(毎日新聞)
小沢幹事長 23日に任意聴取…終了後「国民向け」声明へ(毎日新聞)
自民党 政治資金問題で決定打を欠き「戦う野党」見えず(毎日新聞)
<朝青龍関>酔って知人突き飛ばす…警察出動の騒ぎに(毎日新聞)

<小沢幹事長>「米国でも黒人選んでまで…」 あいさつで(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は27日、那覇市であった党参院議員の会合であいさつし、「米国でもオバマさんという黒人を選んでまで、世の中を変えようと選択した」と述べた。根強い黒人差別を乗り越えた米国を引き合いに日本の政権交代の意義を強調しようとしたとみられるが、批判を受ける可能性がある発言だ。自らの資金管理団体の土地購入をめぐる事件には全く触れなかった。【朝日弘行】

【関連ニュース】
小沢幹事長:弱気か深謀か 自身の健康不安繰り返す
参院予算委:小沢氏団体事件で党独自調査しない 首相
原口総務相:小沢氏の参考人招致「必要だ」
小沢幹事長:「与えられた職務に全力」 続投を改めて示す
東京都議補選:島しょ部で自民勝利、小沢幹事長問題影響?

<可視化法案>政府として「提出検討せず」 松野官房副長官(毎日新聞)
<日産婦学会>新人産科医、年500人必要…将来計画案公表(毎日新聞)
<生駒市長選>山下真氏が再選(毎日新聞)
株安・円高「様子を見る」=鳩山首相(時事通信)
働く母親 交代で子育て “午後6時の壁”クリア(産経新聞)

小池広報本部長、自民党の新ポスターを自ら監修(スポーツ報知)

 自民党・小池百合子広報本部長(57)は22日、谷垣禎一総裁の新ポスターを発表した。真剣な表情で濃紺スーツをはおる前作は「暗い」(森喜朗元首相)と評判が悪かったため、笑顔バージョンに一新。自らデザインを監修した小池氏は「明るいイメージに工夫しました」と自信を見せた。

 だが、党内の問題は山積。比例代表70歳定年制の適用をめぐる片山虎之助元総務相(74)らベテラン落選組の処遇は、24日の党大会以後に先送り。公認候補の選出も民主党に後れを取っている。

 【関連記事】
小池百合子氏「自民党幹事長なら、即死」と小沢氏批判
小池百合子 谷垣禎一 森喜朗 を調べる

<地震>宮崎、鹿児島で震度4=午後4時15分ごろ(毎日新聞)
<年金不正後払い>旧社保庁担当者ら218人厳重注意処分(毎日新聞)
弘道会系組幹部を逮捕=偽バイアグラ販売容疑−愛知県警(時事通信)
<陸山会土地購入>小沢氏説明なお疑問 原資、供述食い違い(毎日新聞)
トリアージへの診療報酬上の評価は時期尚早―日医(医療介護CBニュース)

民主党の高嶋、平田両氏がマスコミに八つ当たり(産経新聞)

 民主党の平田健二参院国対委員長と高嶋良充筆頭副幹事長は18日午前、産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の世論調査で小沢一郎幹事長の辞任を求める声が7割を超え、内閣支持率が急落したことについて、小沢氏をめぐる報道が原因だとマスコミ批判を行った。

 平田氏は「報道によって国民世論は大きく動く。国民はマスコミやテレビの報道を正しいと思っているから、(小沢氏をめぐる疑惑が)事実かどうかわからない状態で報道することでそうなるだけだ」とマスコミを非難した。

 そのうえで「菅谷(利和)さんの事件だって冤罪(えんざい)だったじゃないか。あの時のマスコミの報道の仕方はどうだったんだと、もっと反省しなきゃいかんではないか!」とまくし立てた。

 「そういう報道に基づいた世論調査だから、そうなる(=幹事長辞任論7割超)のは当たり前の話でね。別の報道していたらそうはならない! 小沢幹事長がああいうふうに(潔白だと)話しているのは事実だと思いますよ」とも語った。

 高嶋氏も「検察がマスコミに情報をタレ流している。情報が検察から出ない限り、皆さん方書けるのか? 基本的には世論操作になっている」とマスコミ批判を展開。「小沢さんが無実だと言っているのに罪人扱いしてマスコミが報道してきたから、国民の皆さんがそう思っているだけの話だ」と述べ、世論はマスコミに誘導されているとの認識を示した。

【関連記事】
「お門違い」民主・平田氏が川田氏に不快感
首相「試練だ」 国会開会で危機感
小沢幹事長、民主党代議士会と一回目の衆院本会議に欠席
「もともと日本人じゃない」 平沼氏が蓮舫氏を批判
「民主議員は不当逮捕にもっと怒りを」達増・岩手知事が検察批判

ハイチ大地震 医療援助で160人に派遣命令 北沢防衛相(毎日新聞)
振り込め詐欺 09年の被害、過去最少 それでも月8億円(毎日新聞)
特養待機者の都道府県別人数を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
通常国会召集 冒頭から大荒れの様相 審議日程決まらず(産経新聞)
署の朝礼で告発され、セクハラ警官停職処分(読売新聞)

<八ッ場ダム>千葉地裁も原告の訴え棄却 建設負担金訴訟(毎日新聞)

 国が群馬県長野原町の利根川水系吾妻(あがつま)川に計画する八ッ場(やんば)ダムの建設事業負担金を巡り、千葉県が支出するのは違法として、市民団体が県知事らに過去に支出した負担金約65億円の返還などを求めた住民訴訟で、千葉地裁(堀内明裁判長)は19日、原告の訴えを棄却する判決を言い渡した。

 同様の訴訟は利根川流域の6都県で起こされ、東京、前橋、水戸の各地裁はいずれも原告の主張を退ける判決を出している。今回の判決は、政権交代直後に前原誠司国土交通相が八ッ場ダム建設中止の方針を打ち出して以来、初の司法判断として注目されていた。

 原告は「八ッ場ダムをストップさせる千葉の会」の会員51人。「県の水需要予測は著しく過大で、今の保有水源で間に合う。治水効果も期待できない。事業費の一部負担に合理的な根拠はなく、地方自治法などに違反する」とし、03〜09年の負担金約65億円を堂本暁子前知事ら幹部に返還させ、今後の負担金を支出しないよう県に求めていた。

 これに対し、県側は「利水と治水の両面で必要なダムで、支出は正当だ」と反論していた。【神足俊輔】

【関連ニュース】
八ッ場ダム:地元意見交換会、24日に開催…国交相発表
八ッ場ダム:早期完成求めて決議 建設推進協
八ッ場ダム:24日に会合 前原国交相と地元
雑記帳:CD「八ッ場エレジー」やるせなさ託し
群馬・八ッ場ダム建設:地元で24日、意見交換会を開催

弘道会系組幹部を逮捕=偽バイアグラ販売容疑−愛知県警(時事通信)
不正請求でグループホームの指定取り消し―三重県松阪市(医療介護CBニュース)
足利事件再審 菅家さん「つらかった」 録音テープ再生(毎日新聞)
<陸山会土地購入>鳩山夫首相、小沢幹事長の続投認める(毎日新聞)
またボンバル機が引き返し 警告灯の表示に不具合(産経新聞)

市有地の無償提供は違憲=神社敷地で使用−最高裁(時事通信)

 北海道砂川市が市有地を神社の敷地として無償で使用させているのは憲法の政教分離原則に反するなどとして、住民が違法確認を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・竹崎博允長官)は20日、市有地の無償提供を違憲と判断した。その上で、違憲状態を解消する方法についてさらに審理するよう、二審判決を破棄し、札幌高裁に差し戻した。
 政教分離原則に関する最高裁の違憲判決は、1997年の愛媛玉ぐし料訴訟に次いで2例目。 

国民新党の下地氏、民主の検察リーク調査に「参加しない」(産経新聞)
総務省、NTT西に業務改善命令 顧客情報を不正提供(産経新聞)
小沢幹事長 「自らの信念通す」 党大会でのあいさつ(毎日新聞)
日航CEO就任を受諾=稲盛氏(時事通信)
現場マンションに指紋の男、再逮捕へ 南青山の飲食店従業員殺害(産経新聞)

列凍 那智の滝も凍る 近畿各地でこの冬一番の冷え込み(産経新聞)

 日本列島は14日も強い寒波に見舞われ、大阪管区気象台によると、大阪府の生駒山で朝の最低気温が今季最低となる氷点下6・6度を記録するなど、近畿各地でこの冬一番の冷え込みとなった。落差日本一(133メートル)を誇る和歌山県那智勝浦町の那智の滝も今冬初めて凍り付いた。京都府園部で氷点下7・7度などを記録した。

 那智の滝では、水しぶきが飛び散った岩肌は真っ白になり銀世界のようになった。熊野那智大社によると、午前6時半に氷点下2度を記録。例年は2月中旬ごろに凍結するという。

 管区気象台では、寒さは14日がピークで、しだいに平年並みに戻るとしている。

ほかの信者も「治療」に参加=医療放棄の長男殺害−福岡県警(時事通信)
<名護市長選>首相、移設検討への影響の可能性認める(毎日新聞)
<国民新党>独自の郵政改革案 政府と同じ3社体制を容認(毎日新聞)
理科実験中に爆発 豊島区の巣鴨高で11人けが(産経新聞)
160区間の割引切符を廃止=「東京−青森」回数券など−JR東(時事通信)

防災担当は中井拉致問題担当相の兼務に(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は12日、前原誠司国土交通相が兼務していた防災担当相ポストを中井洽拉致問題担当相の兼務に変更する辞令交付を行った。

 また、菅直人副総理の財務相就任に伴い、仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相が地球環境対策に関する総合調整や税制調査会に関する事務など7つの事務担当を新たに命じられた。

 川端達夫文部科学相が遺棄化学兵器問題の担当となったほか、菅氏は引き続き成長戦略の取りまとめに当たる。

【関連記事】
台風や地震、日中韓で情報共有 防災担当閣僚級会合で共同声明
「残された課題も」17日の震災15年を前に兵庫県知事が会見
省庁のホームページ “シミュレーション”もので広報効果アップ
「出会いを大事に」震災で犠牲の神戸大生の母、小学生らに講演
人と防災未来センター「東館」公開 風水害を学ぶ

速報や支援呼びかけでツイッターが活躍 ハイチ大地震(産経新聞)
荻野さん自宅近く、包丁発見=殺害に使用の凶器か−千葉県警(時事通信)
過活動膀胱治療薬の口腔内崩壊錠を承認申請―杏林製薬など(医療介護CBニュース)
世界で高さ3番目、羽田の新管制塔が運用開始(読売新聞)
「県外移設」可能性示唆の資料、防衛省が提出拒否(読売新聞)

天明屋尚展 ミヅマアートギャラリー 日本の伝統文化を意識(産経新聞)

 ふんどし姿の男気あふれる絵画などで知られる現代美術家、天明屋尚(てんみょうやひさし)。海外でも人気があり、オークションでは数千万円の値がつくほどだ。いま東京のギャラリーで彼の新作展が開かれている。刀を持って闘う勇ましい男の姿が、見る者を圧倒する。(渋沢和彦)

 昨年11月、東京都新宿区市谷田町に移転したミヅマアートギャラリー。天井の高いすっきりしたギャラリーの正面に架けられたのは大作「思念(しねん)遊戯」だ。金箔(きんぱく)をはったきらびやかな画面では、背中に入れ墨をしたふんどし姿の2人の男が闘う。いまにも刺されようとしている倒れた男の波の入れ墨からはタコがはい出し、上に乗った男に加勢するコウモリと闘う。

 近づいて見ると、アクリル絵の具で描かれた髪の毛や入れ墨の細やかな線が繊細なタッチで執ように描かれ、卓抜したテクニックが冴えを見せる。フレームからは2本の組紐が伸びて、おめでたそう。

 「五輪画」は、「火」「風」「空」「水」「地」というタイトルが付いた5点セットの作品。入れ墨姿の男たちが刀を持ってポーズを決め込む。作者が敬愛する宮本武蔵が自らの剣術や兵法を解説した『五輪書』からイメージしたという。

 今回発表された新作9点は、どれも日本独自の文化が表現されている。渋く光る玉虫泊にふんどし姿の男が描かれた作品「風流(ふりゅう)」では、絵の横にちょうちんが飾られる。さらに、1匹のハエをほぼ原寸大で描いた小さな掛け軸作品「神機妙算」は、しめ縄とともに飾られている。

 本展にも、人が巨大魚に飲み込まれるシーンを描いた作品があるように、天明屋の作品は残酷で暴力的なイメージが強い一方で、日本独自の文化を喚起させる。それゆえ、同ギャラリーによると、はまってしまう「若い熱狂的なファンが多い」そうだ。

 天明屋はレコード会社のアートディレクターから画家に転身した。権威主義的な画壇に対し、2000年に、たった1人で「武闘派」を立ち上げた。男気のある独創的な作品を発表し注目され、06年のサッカーW杯ドイツ大会の公式ポスターに日本人として唯一選ばれた。

 本展のタイトルは「風流」。わび・さびとは違う華美な趣向を凝らした美意識。組紐など伝統工芸を用いた装飾的な作品群は、日本の伝統文化を意識させる。新年にふさわしい。30日まで(日月祝日休)(電)03・3268・2500。

【関連記事】
【街角の記憶】パリの白犬と絵画の少女
【紙ジャポニスムin関西】切り絵画家 久保修が描く「京の年の瀬」
個性的な画家への思い綴る『偏愛ムラタ美術館』
【EX GENERATION】EXを画材に コラージュ作品で平和を再認識
【Brand Story】ヴァン クリーフ&アーペル 時空超え 美の真髄にふれる

<政府・民主党>通常国会に61法案提出へ 野党は対決姿勢(毎日新聞)
指定市町村、約50増加へ=過疎法延長案で大筋合意−与野党(時事通信)
土地疑惑、強制捜査 小沢氏「国民は理解」 政府・与党に緊張 (産経新聞)
鳩山首相、武器輸出三原則見直し論「口が軽過ぎ」(産経新聞)
消費増税、11年度にも議論=予算の無駄削減前提に−菅財務相(時事通信)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。