So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

大阪で鉄道乱れ影響13万人超 信号不具合や人身事故連続(産経新聞)

 大阪府内で7日朝、市営地下鉄などで人身事故や信号トラブルなどによる運休や遅れが相次ぎ、ラッシュ時の通勤客ら13万人以上に影響が出た。

 午前6時25分ごろ、大阪市阿倍野区の市営地下鉄御堂筋線昭和町駅で、到着したなかもず発千里中央行電車の車掌が、車両の後方に男性が倒れているのを発見した。男性は間もなく死亡が確認された。阿倍野署によると、近くに住む男性(78)とみられ、同署が事故と自殺の両面で捜査している。

 この事故で、御堂筋線は上下線ともに約50分間運転を見合わせ、約4万人に影響。朝のラッシュ時とあって、なんば駅(大阪市中央区)の改札前は通勤客らでごった返した。

 午前7時半ごろには、大阪府東大阪市長堂の近鉄奈良線布施駅構内で、信号機が点灯しなくなるトラブルが発生。このトラブルで同線は計107本に部分運休や遅れが出て、約5万2千人に影響した。また、午前8時40分ごろには、堺市東区の南海高野線初芝駅で、通過しようとした橋本発難波行の急行電車に男性が飛び込み、死亡した。この事故で同線は上下線合わせて20本が運休、69本が遅れ、約4万4千人に影響した。

【関連記事】
朝の地下鉄御堂筋線が一時運休4万人影響 大阪、駅で人身事故
都電、初の大阪“乗り入れ” 阪堺線に昭和カラー企画
異例“撮り鉄”を立件 被害届なくても「警鐘」書類送検
JR防護無線を“ワープ”させた「スポラディックE層」って何?
【古往今来】「ママ鉄」増えてます
「はやぶさ」帰還へ

民主代表選、菅氏を応援=前原氏(時事通信)
ブルーコート、仮想化環境向けのWAN高速化ソフトを発売
枝野新幹事長就任会見詳報(3)(産経新聞)
「3年間新卒扱い」 公約で就活支援策 公明の参院選マニフェスト(産経新聞)
ボーナス使い道、貯金21万円が最多 買い物予算は7・7万円(産経新聞)

ハス散華、法灯継承を決意 東大寺・新別当の晋山式(産経新聞)

 東大寺(奈良市)第220世別当、華厳宗管長に就任した北河原公敬師(67)の晋山(しんざん)式(就任披露式)が27日、同寺で営まれ、多くの参列者が見守る中、北河原別当は大仏を前に法灯継承の決意を示した。

 北河原別当は午前10時半過ぎ、輿(こし)に乗って同寺本坊前を出発。中門で出迎えた僧侶らと合流し、大仏殿に入った。殿内では伝燈奉告法要が営まれ、ハスの花びらをかたどった紙をまく散華(さんげ)などが行われた後、北河原別当は奈良時代から続く法灯を守り伝えていくことを誓った。

 北河原別当は東大寺の執事長、上院院主などを歴任。5月から別当に就任した。任期は3年間。

【関連記事】
東大寺法華堂 仏像群16体の林立見納め
慈悲の花咲く法華寺で、ふっくらとした光明皇后に出会う
行基ゆかり喜光寺の南大門落慶 奈良
大仏さまも花見どうぞ 東大寺
資料なき大極殿、和の匠と学者の挑戦 平城遷都1300年
虐待が子供に与える「傷」とは?

2代目ボスは「広太郎」決定 米子・猿が島(産経新聞)
傘 子どもたちの「笑顔の花」70本 花博公園でイベント(毎日新聞)
野良猫餌やり訴訟、加藤九段が控訴断念の意向(読売新聞)
<JR四国>レトルトスープにプラスチック混入(毎日新聞)
民主中心の政権のうちに理想の医療を実現(医療介護CBニュース)

傷口に塩…秋葉原殺傷の遺族、弁護側に不快感(読売新聞)

 東京秋葉原で2008年6月、17人が死傷した無差別殺傷事件で、殺人罪などに問われた元派遣社員・加藤智大被告(27)の第8回公判が21日、東京地裁であり、殺害された東京都杉並区、無職中村勝彦さん(当時74歳)の長男の医師(40歳代)が検察側証人として出廷した。

 同事件の公判で遺族が証言したのは初めて。

 中村さんは当日、長男の目の前で加藤被告のトラックにはねられた。長男は「父はトラックより高く、遠くにはね飛ばされ、間もなく意識を失った」と証言。「加藤被告は個人的な感情を関係ない第三者にぶつけた。残酷な形で父が犠牲になり、無念だ」と述べた。

 また、長男は、「弁護側が供述調書の証拠採用に同意しなかったために出廷せざるを得なかった」とし、「静かに暮らしたいと願っているのに、傷口に塩を塗られているようだ」と弁護側への不快感を示した。

テレ朝2審も敗訴 マンション建設報道で(産経新聞)
小沢氏、21日に不起訴=陸山会事件―東京地検(時事通信)
大量の不正けしが関東一円に流通 あへん法違反で捜査 (産経新聞)
★独自★関学生らデリヘル経営、逮捕 少女雇い多額利益(産経新聞)
点滴異物注入で懲役10年=娘3人死傷、母親に判決―京都地裁(時事通信)

老健開設準備の医療法人社団に破産手続き開始―東京地裁(医療介護CBニュース)

 老人保健施設の開設を準備していた医療法人社団千住会(東京都日の出町、山西真彦理事長)が4月16日に東京地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことが、東京商工リサーチの調べでこのほど分かった。負債額は現在調査中だという。

 東京商工リサーチによると、同法人は2007年9月に設立され、日の出町に老人保健施設を開設する準備をしていた。しかし、実際には施設の建設工事が中止されており、事業を開始していなかった。また、法人名義の借入金を個人負債の返済に充てていたほか、法人から理事長への貸付金も回収できていないなど、剰余金の配当禁止を規定した医療法に抵触していた。こうした一連の違反に是正措置がなされなかったとして、東京都は昨年12月25日に法人の設立認可を取り消す行政処分を行っており、同法人は登記上、同30日に解散していた。


【関連記事】
医療機関の倒産、4月は5件―帝国データ
医療法人社団博美会が破産手続き―レーシックの神奈川クリニック眼科など運営
医療器具販売会社に破産開始決定―東京地裁
さいたまの双樹会に破産手続き開始決定
東京・青梅市の医療法人、破産手続き開始決定―東京地裁

<CO2濃度>過去最高 国内3地点(毎日新聞)
法定外厚生費に742億円 98独法、不適切な支出も(産経新聞)
酔って小学校で暴言、市議リコールの投票告示(読売新聞)
<ニュース1週間>首相、普天間移設の5月末断念/英国キャメロン連立政権誕生、2大政党制崩壊(毎日新聞)
受信料未収者に強制執行の予告通知 NHK(産経新聞)

徳之島町長が再会談前向き 普天間問題、2町長は否定(産経新聞)

 鹿児島県徳之島町の高岡秀規町長は10日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野(ぎの)湾(わん)市)の移設問題で、政府が徳之島への訓練移転などをめぐり再会談を求めてきた場合について「話し合いに応じないでやみくもに反対と言うのではなく、移設案の中身をちゃんと聞いて議論するのが首長の務めだ」と前向きに検討する姿勢を示した。町役場で取材に答えた。

 高岡町長は「民意が反対であることは承知だ」としながらも「問題解決に向けて協力しないといけない。議会に相談し、最終的に私が判断する」と述べた。

 一方、島内3町のうち伊仙町の大久保明町長は10日、町議会全員協議会で「これ以上、政府と交渉する意味や必要、余地はない」と発言。天城町の大久幸助町長も「われわれは振興策が欲しいわけではなく(移設案の)細部を知る必要はない」と述べた。

【関連記事】
自公、予算委集中審議の開催を要求へ
県内移設は「狂気の沙汰」 与党・社民議員、官邸前で前代未聞の演説
普天間問題 橋下府知事「都道府県、全国知事会が方向性出すべき」
「5月末決着」に先送り論、平野更迭論…参院選に向けた思惑も 首相自ら退路絶つ
鳩山由紀夫首相の軽さこそわが国の「最大の脅威」ではないか

B型肝炎訴訟で首相ら、和解協議入り確認(読売新聞)
小児の「食物アレルギー」10年で2倍 花粉症の増加と関係アリ?(J-CASTニュース)
北辰一刀流と水戸学を脈々と継承 水戸東武館第7代館長・小澤智さん(産経新聞)
<B型肝炎訴訟>和解協議へ 原告「1日も早く解決案示せ」(毎日新聞)
普天間 徳之島移設断念へ ヘリ部隊分散、困難と判断(産経新聞)

<小沢幹事長>党内結束を訴える(毎日新聞)

<ペット投棄>「被害者の会」発足 埼玉・三芳町で初会合(毎日新聞)

「舌痛症」どんな病気? 脳内で誤作動? 慢性的痛み(産経新聞)

 舌がピリピリ痛むのに、炎症も腫れもない。一見して異常が見当たらず、医師にも「気のせい」と言われ、いったいどこで診てもらえばよいのか。そんな舌の不快感は「舌痛(ぜっつう)症」かもしれない。専門医を訪れる患者の中には、何年にもわたって医療機関を転々とした人もいるという。この「舌痛症」、どんな病気?。(津川綾子)

 ◆患者の8割は女性

 「舌痛症」は、舌の先や縁などがピリピリと痛んだり、やけどしたような感覚などが慢性的に続いたりする病気だ。最初は歯科医や内科医に駆け込むが、「舌のただれや傷など見た目の異常は何もない。そのため、歯科や内科では『気のせい』『性格の問題』と取り合ってもらえないことがある」と、「舌痛症」の治療を行う東京医科歯科大学大学院(東京都文京区)の豊福明教授(歯科心身医学)は話す。患者は8割が女性を占める。特に40代以上の中高年の女性で真面目できちょうめんな人が多いという。

 しかし、「舌痛症」の診察や治療が可能な病院は豊福教授がいる同大歯学部付属病院の「歯科心身医療外来」などまだまだ少ない。投薬治療が中心

 今のところ原因は不明だ。ただ、脳内の神経伝達回路に電話の混線にも似た“誤作動”が生じ、刺激がないのに痛みを感知するのでは、との説がある。

 治療は鎮痛効果がある抗鬱(うつ)薬を使うのが一般的で、「慢性疼痛(とうつう)などに効く『アミトリプチリン』などを服用すれば、1カ月後には痛みの程度が7割ほど和らぐ」と豊福教授。ただ、口の渇きや眠気、便秘などの副作用が出やすく、投薬は慎重に行われる。そのため、当初は週に1、2度といった頻回な通院が必要だ。ひとたび治れば、基本的に再発はないという。

 ただ、子供の受験が終わったり睡眠不足になったりした直後、舌の痛みが悪化することもあるという。少なくとも生活習慣で、(1)疲れをためない(2)夜更かしなど生活リズムを乱さない−などに気をつけることも大切だ。

 豊福教授は「中高年の場合、何らかの不調で他の病院に通院していることがある。飲み合わせや既往症にも注意が必要で、かかりつけの医療機関から紹介状をあらかじめ持ってくれば、すぐに治療にかかりやすい」と、受診の際の心掛けをアドバイスする。

           ◇

 ■「歯科心身医療外来」「口腔(こうくう)内科相談外来」などで診療受け付け

 「舌痛症」など舌の痛みはどこで診てもらえばよいのか。東京医科歯科大学歯学部付属病院(東京都文京区)の「歯科心身医療外来」のほか、北海道医療大学病院(札幌市北区)の「口腔(こうくう)内科相談外来」では、投薬による治療に認知行動療法を組み合わせ、痛みからくる憂鬱(ゆううつ)感を和らげる治療にも当たっている。

 また、久留米大学医学部歯科口腔医療センター(福岡県久留米市)などでも治療に当たっている。

 日本歯科大学付属病院「心療歯科診療センター」の小川智久センター長(心療歯科)は「口は最も敏感な感覚器。舌痛症のほか、口や舌が乾く『口腔乾燥症』(ドライマウス)だと、ちょっとした傷がつきやすくなり、その痛みが気になることがある」と指摘する。

サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)
<JR北海道>特急展望室を廃止 衝突事故受け(毎日新聞)
あいりちゃん事件、広島高裁が鑑定請求却下(読売新聞)
<強風>北海道で40.6メートル記録 秋田ではけが人も(毎日新聞)
ネットで教育語ろう 文科省が掲示板設置(産経新聞)

生活保護受給者、自殺率2倍=精神疾患が影響か−厚労省調査(時事通信)

 生活保護受給者の自殺率(10万人当たりの自殺者数)が、全国民平均の2倍以上高いことが9日、厚生労働省の調査で明らかになった。2008年は受給者54.8人に対し、全国民平均は25.3人。同省は「自殺要因の一つである精神疾患の割合が、受給者で高いことが影響しているのではないか」と分析している。生活保護受給者の自殺率公表は初めて。
 調査結果によると、08年の生活保護受給者153万7893人のうち843人が自殺。自殺者の68.9%に当たる581人が何らかの精神疾患を抱えていた。同年の精神疾患の患者数の割合は、全人口が2.5%だったのに対し、生活保護受給者は16.4%と際立って高かった。同省は、貧困などが精神疾患を引き起こしたケースもあるとみている。 

【関連ニュース
自殺者最多は3月1日=休日は減る傾向
ホームレス、全国で1万3000人=減少幅は過去最大
自殺者、6カ月連続減少=東海、北陸、関西は増加目立つ
犠牲者10人の冥福祈る=「たまゆら」火災から1年
つらさ乗り越え自殺予防へ=遺族支援で集い

日米首脳、夕食会で隣席へ=核安保サミット(時事通信)
精神疾患の教員支援 都、独自プログラム作成へ(産経新聞)
立大生死亡事件 発生から14年 父親らがビラ配る 池袋(毎日新聞)
<スカイマーク>国交省が改善勧告…客室乗務員の英語力不足(毎日新聞)
知的障害者 和太鼓集団が全国公演に意欲 でも資金不足(毎日新聞)

「なぜ役人がランク付け」=会見オープン化調査に不快感−岡田外相(時事通信)

 岡田克也外相は2日の記者会見で、総務省が政府が行う記者会見のオープン化状況を調査し、公表したことについて「何で役人にランク付けされなければいけないのか」と不快感を示した。
 同調査は、原口一博総務相の指示で総務省が取りまとめたもので、フリー記者の参加や質問を認めているかどうかなどで閣僚らの会見のオープン化度をA〜Dの4段階に分けている。
 外相会見はAランクに分類され、外相は「評価はありがたい」としながらも、「なぜ総務省がランク付けをするのか、違和感がある」とぶぜんとした表情で語った。 

【関連ニュース
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

住宅支援機構が認可額を上回る債券を発行(産経新聞)
渡部恒三氏、自民党は「家出老人の続出だ」(産経新聞)
授業料返還、大学側逆転勝訴=推薦入試で入学辞退−最高裁(時事通信)
私のしごと館 わずか7年で幕 京都31日閉館(毎日新聞)
<犬山祭>満開の桜の下で開幕 客を魅了、車山13両 愛知(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。